web会議とそのメリット

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

web会議とは、遠隔地にある人とパソコン・WEBカメラ・ヘッドセットとweb会議を実現するためのソフトウエアを用意するだけで実現可能である。インターネット回線を利用するので、回線・プロバイダ等の用意は済ませておく必要はある。念の為、付け加えておく。従来にもテレビ会議をするシステムが無かったわけではないが、専用の機材を購入する必要があり、企業によっては手が出しにくかった。


web会議の利点は他にもある。特別にファイヤーウォールの設定を変更する必要は無いことだ。一般的に言って企業でインターネットに接続していれば、ファイヤーウォールを設置していない企業はまず存在しないと言って良い。ウエブブラウザを使って、目的のサイトを閲覧すると仮定しよう。インターネットでは、TCPIPという通信に関する決め事に基づいて、データ通信を行っている。webブラウザを使ったオペレーションを行うと、目的のサイトを担当するコンピュータのTCPのポート80番にアクセスすることになっている。


つまり、webアクセスする際にはTCPの80番を開いておく必要があるというわけだ。ファイヤーウォールを動作させていてもTCPのポート80番を塞ぐ事は、web閲覧が出来なくなるため、一般的には無いのだ。また、今日の企業では常時接続が一般的であるため、通信コストがかからない。今度は、企業ではなく一般の個人にはメリットがあるか見て見よう。例えば、大阪に単身赴任で済む事になった夫が東京に済む妻と子供と、このweb会議を使いコミニュケーションをとることができるのだ。これは、数カ月前に終了した人気ドラマで見ることが出来た。凄い時代になったものだ。